ちひろの記録

お金のこと・健康のこと・生活環境などを改善するためアラフィフから始めたことを記録します.

粗大ゴミ回収してもらえず高額引取料金を払ったときの失敗談

この記事では、私が行政の粗大ゴミ回収を利用して電動ベッドを出したさい、回収してもらえなかったという失敗談を記録します。

 

想像してみて下さい。

行政の粗大ゴミを回収センターにベッドの回収の依頼をして持って行ってもらえなかったときのことを。

 

ウチは、エレベーターのないマンションの2階にあり、重いベッドを夫を二人でヒーコラ言いながら1階におろしたんです。

 

それはもう大変で、2階にあげてもどすなんてとても無理です。

2人だって床からわずかに持ち上げるのがやっとだったのだから…

 

 

それなのに…行政の回収が持って行ってくれるとばかり思っていたのに…

当日「回収不可の品物」的な張り紙がされていて…

マンションの共有スペースに虚しくドンと置かれたまま( ;∀;)

 

その時は、すぐにネットで見つけた回収業者に即引取を依頼し何とかなりました。

 

が、引取代金「¥16,800( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)」

 

 

何が失敗の原因となったのか、検証(するまでのこともないけど)しました。

 

ここに失敗記録をすることで、同じことをやらかさないよう言語気を付けようという反省文でもあります。

 

 

 

電動ベッドを行政のゴミ回収で回収してもらえなかった理由

 

私が電動ではなく、普通のベッドと間違えたため。

 

夫の実家の片付をしていました。

自分の実家ではないということもあり、その物がどんな物なのか、よく把握できていませんでした。

 

けれど、廃棄を決めるずっと前に、夫が電動ベッドだと言っていましたし、よく見ればそれっぽい機械が付いています。

 

私がちゃんと見ていれば、廃棄しようとしている物がどんな物なのか、行政の廃棄可の品目ときちんと照らし合わせていれば、持って行ってもらえない、ということはありませんでした。

 

行政の粗大ゴミ回収は、市区町村によって回収してくれるものが違います。

特に電動ものもは、ベッドに限らずあらかじめ粗大ゴミ回収センターにくわしく聞いておいた方がいいです。

 

行政で回収してくれなくても、業者を紹介してくれることがあります。

 

行政で紹介してくれた業者であれば、その土地で回収許可を持っているので、不法投棄になることもなく安心です。

ネットで自分の住んでいる市区町村のホームページを調べれば、問い合わせ先などがわかります。

 

最初にきちんと確認しておかなかったため、大きな重いベッドを行政の粗大ゴミ回収で持って行ってもらえませんでした。

 

電動の物は、他にもマッサージチェアなども持って行ってくれる市区町村もあれば、不可のところもあります。

また、昇降式のイスやテーブルなど、油圧式になっているものも、持って行ってもらえないとネットで伝えている方がいました。

 

事前確認は大事です。

よくわからない物は事前に行政の粗大ゴミ回収センターに問い合わせた方がいいです。

納得できるまでしくこく何度でも聞いてください。

(それでたすかったこともあります。)

 

 

 

行政の粗大ゴミ回収を利用するときの注意点

 

廃棄したいものの内容をよく確認する。

 

物品名・電動か・油圧式か・サイズ など…

その市区町村で回収してくれる物か

変な思い込みをしていないか(私は電動ベッドを電動とは思っていなかった)

 

 

前項で書いたことと重なりますが、まとめの意味で書きました。

 

 

私が失敗したのは、私の思い込みによるものなので、最後に自問自答するのも大事なポイントだと思います。(こんな失敗するの私だけ?(^^ゞ)

 

他の人にも確認してもらうとか…

 

ゴミを出すだけの単純な作業ではあるものの、持っていってもらえないと隣近所に迷惑をかけることもあります。

十分注意してやらないと、私のように(金銭的に)痛い目にあいます…(涙)

 

 

 

一度に大量に処分したいときは一般業者の方がいい場合もある

 

電動ベッドを引取業者に即対応で他所してもらったところ、¥16,800かかりましたと書きました。

 

大量に処分する物があるのなら、もしかすると最初から2t車とか軽トラ積み放題などで依頼した方が安く済むかもしれません。

 

場所や業者によって違うのだ断定的なことは言えませんが、ネットでザっと見たところ「¥15,000から」軽トラ一車に乗るだけ引き取ってくれるところがあるんですね。

 

電動ベッドも引き取ってくれるところなら、一車で頼めば他の廃棄物も持って行ってくれるかもしれません。

 

電動といえばマッサージチェアがウチにあり、処分しようか迷っているのですが、これば医療機器になり、転売はダメなのだそうです。

 

www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp

↑ 東京都福祉局の記事なので、他の市区町村は違うかもしれませんが参考まで…

 

 

粗大ゴミとして処分しようとしても私の住んでる行政では粗大ゴミ回収不可です。

 

でも、以前住んでいたところは粗大ゴミ回収OK でした。

 

 

私の住んでいるところは、電動ベッドは医療機器の中には入っていなかたので良かったのですが、よく知らずに何か捨てたり売ったりすると違法行為になってしまう可能性があるんですね。

 

 

エコのこともあるし、今は簡単に物を捨てられないな、とつくづく感じました。

 

 

話しがそれてしまいましたが、最後にまとめます。

 

いろいろ処分したい物が多いときは、一車乗るだけというかたちで業者に頼んだ方が安く速く片付く可能性があります。

 

業者選びが大変ですが、くらしのマーケットなどで相みつをとれば失敗も少なくて済むのではないか、と思いました。

 

 

 

まとめ

 

地元の市区町村の粗大ゴミ回収に大きなベッドを出したら、引き取ってもらえなかったという失敗談を記録しました。

 

原因は、私が電動ではない普通のベッドと思い込んでいたためです。

 

回収されなかったため、マンション住まいの私たち夫婦は、他の住人の方に迷惑がかかることと、苦情を恐れ、即引き取ってくれる業者にすぐ持って行ってもらいました。

 

その引取代金「¥16,800」!!

高っ!!(T_T)

 

行政の引取は、その市区町村によって持って行ってくれる物が違うので、よく注意しましょう。

それと、私のように思い込みに注意しましょう。

 

¥16,800もあったら、一車詰め放題とかで他の粗大ゴミも持っていってもらえたかもしれません。

痛い失敗です。

 

 

失敗談を記録しました。

これ以来大きな失敗はしていませんが、思い込みは年をとればとるほどありがちな間違いなので、気を付けたいと反省しております。